福袋予約通販ナビ2018

\今ならまだ間に合う!!/
今すぐネット通販できる2018年福袋を探す

今からでもネット通販できる2018年の新春福袋をジャンルごとに探せます。お店では完売したあの福袋もネットならまだ買えるかも!?すぐにチェックしてください。

大手ショッピングモールから探す ジャンルごとのおすすめから探す

2018年の福袋はインターネットで予約・通販するのが断然便利

福袋はインターネットで予約するのが当たり前になりました。2018年の福袋もインターネットで予約・通販するのが断然便利です。

その理由は、

  • 人気ブランドのほとんどはネット予約できる
  • お店の初売りで売切れて買えない心配がない
  • ほとんどは送料無料、早ければ元旦に自宅に届く

からです。

他にもネットで買う方がポイント分がお得だったり、ブランドによってはネット限定バージョンの福袋が用意されていることもあります。ここからは2018年福袋の予約スケジュールや争奪戦になる人気ブランドの福袋を予約するときのポイントなどを解説していきます。

2018年福袋予約のスケジュール

10月初旬〜12月初旬にかけてネット予約が順次スタート

2018年の福袋は10月初旬〜12月中旬にかけてインターネットの事前予約の受付が行われます。

子供服の人気ブランドが一番早く10月から、ファッションや化粧品などのブランドは11月中旬〜12月10日頃からのスタートになります。ブランドによってはアクセスが殺到して予約開始後すぐに受付終了してしまいます。

なお、このような人気ブランドでもいくつかの通販サイトで福袋の予約が行われることが多いです。つまり、「サイトAでは予約終了だったけれど、サイトBではまだ予約できた!」ということがあります。

2018年1月1日0時から一般販売

2018年1月1日0時から一般販売を行うブランドも多いです。

一般販売には、

  • 事前のネット予約なしで1月1日0時から一斉に販売する
  • 予約分が完売したが一般販売分として再度販売する

の2パターンあります。1月1日0時からの販売なので店舗の初売りより早いことがポイント。事前予約ができなかったときは一般販売で購入を狙いましょう。

店舗の初売り

欲しかった福袋がネット予約でも一般販売でも購入できなかったときはお店の初売りに行きましょう。ネットで争奪戦になるブランドは店舗の初売りでも競争率が高いです。ブランドによっては整理券が配布されるなど特別な対応になることもあります。

このような場合は、店舗が入っている商業施設のウェブサイトに情報が掲載されるのでお出かけ前にチェックしましょう。

フリマやオークションに出品される福袋に注意

人気ブランドの福袋は予約分が数分で完売してしまいます。例年、その直後からフリマやオークションサイトに完売した福袋が出品されます。

もちろん現物が手元にあるわけではないので、「○○で予約した福袋が届き次第発送」となっている場合が多いです。もちろん福袋の定価より高くなります。人気がある福袋が希少価値が高いので最初から転売目的で購入している人もいるようです。

しかし上に書いたように、人気の福袋でも定価で予約や通販ができるチャンスは何度かあります。最初に予約できなかったからといってすぐにフリマやオークションに飛びつくのはもったいないかもしれません。

人気ブランドの争奪戦福袋を予約できる可能性を高める3つのポイント

1.情報収集

福袋の販売情報はメルマガなどで最初に告知されることが多いです。

そこで

  • あなたが福袋を購入したいブランドの公式通販サイトのメルマガに登録
  • 毎年いろいろなブランドの福袋が充実しているファッション通販サイトに会員登録

の2つは今すぐ済ませておきましょう。

福袋が充実している通販サイトは、

からご覧になれます。

なお、どこの通販サイトで予約しても基本的に福袋の中身は同じです。予約できるときに予約しておくのが鉄則です。

※会員登録しておく理由

会員登録を済ませておかないと、福袋を予約するときになってから氏名や住所などを入力しないといけないからです。通販サイトによっては、その間に完売してしまうこともあります。

2.予約開始当日はログインして待つ

福袋の予約受付開始日は各通販サイトにログインした状態で予約時間を待ちましょう。福袋をカートに入れてからログインしているとその間に完売してしまうこともあります。

なお、最近はセキュリティの関係からログインしていても、注文時には再ログインが必要な通販サイトもあります。その場合はみんなが同じ条件なので、落ち着いてIDとパスワードと入力して手続きを進めましょう。

3.予約開始時間直前にページを更新してすぐに手続き

予約開始時間になるまでは「カートに入れる」などのボタンは表示されていません。例えば予約開始が12月10日20時だとしたら19時59分55秒頃にページを更新してみましょう。

「カートに入れる」が表示されていたらすぐに注文手続きをしましょう。システムによっては注文を完了するまでに規定数量に達してしまうと予約できなくなってしまいます。

ネタバレを見てからでは遅い

福袋は事前に中身がわかるものばかりではありません。そのため毎年お正月になると「ブランド名+ネタバレ」などで検索する人が急増します。

しかし人気があるブランドの福袋は、

  • ネタバレを見てからではネット通販は既に完売している
  • 店舗の初売りで販売される分もすぐに完売してしまう

のが普通です。

結局ネタバレを見てからでは、ヤフオク!やメルカリで転売されているものを定価より高い金額で購入することになってしまいます。

福袋のクオリティは高くなっているので、がっかりするような中身にあたることはほとんどありません。元々好きなブランドはネタバレを待たずに事前予約しておくのが安心です。

福袋を実質的に割引で買う方法

福袋を予約する年末年始はいろいろとお金がかかる時期です。そこで実質的に福袋を割引で買うための簡単な方法をご紹介します。

それは楽天カードに入会することです。

楽天カードに入会すると楽天ポイントが5,000ポイント以上もらえます。(※いくつかの条件あり)

これらのポイントは楽天市場で1ポイント=1円として利用できます。そして人気ブランドの福袋は楽天でも予約できるものがたくさんあります。2018年福袋はさらに取扱いが増加すると予想されます。

つまり楽天カードに入会してポイントをもらって、そのポイントを使えば実質的に割引で福袋を買えることになります。

※もちろんポイントは福袋以外にも自由に使えます。入会金や年会費無料なので作っておかないと損かもしれません。

みんなが考える福袋の魅力は?

毎年福袋を購入している人はどんなことに魅力を感じているのかをまとめました。

  • 冬のコートは高額なので、アウター入りで10,000円の福袋はかなりコスパがいいと思う。
  • 普段なら自分から選ばない洋服でも着てみたら意外と似合うことがあって新規開拓になる。
  • どんな洋服が入っているんだろうと、福袋を開けるときにワクワクする感じが好き。
  • 福袋だけで全身コーデができるブランドが多いのでお洒落に自信がなくても安心。
  • 福袋は気になっていたけれど買ったことがないブランドのお試しにもちょうどいい。
  • 年始の恒例イベントでもう初詣のようなもの。お正月気分を盛り上げるために必要。
  • 自分では使わないアイテムがあっても友だちと交換し合うのが楽しい。
  • 化粧品福袋のコスパは異常。いつも使っている商品も入っているので必ず買う。
  • 子供服はすぐサイズが合わなくなるけれど、福袋ならいつものは買わないブランドでも気軽に買える。
  • 冬のセールで単品で買うより福袋を買ってしまった方がトータルではお得になることが多い。
  • プロパー品じゃない福袋だけの限定アイテムのデザインがすごく可愛いことがある。
  • 初売りは億劫だったけれど、ネットなら並ばなくていいので気軽に注文できていい。

福袋の起源。はじまりは江戸時代から。

福袋の期限は江戸時代に遡ります。現在の大丸(※当時は呉服店)が呉服を作る過程でできた布の切れ端をお正月にまとめて安売りしたそうです。

切れ端といっても、江戸時代当時は「古裂れ屋」「端切れ屋」という商売も成立していたくらいで、庶民にとっては貴重なものでした。おそらく高級な呉服の切れ端が安く買えるというのは私たちが福袋に感じる価値と似たものがあったと思います。

その後、はっきりと「福袋」の名称が誕生したのは1907年(明治40年)で現在の松屋が販売をはじめました。その後1911年に松坂屋が多可良函(たからばこ)という名称で50銭の福袋を売りだした記録が残っています。諸説ありますが、当時の50銭は現在の価格に換算すると約3,500円程度になると思われます。

その後、2018年に至るまで福袋は日本のお正月のイベントとして脈々と受け継がれてきました。今では福袋の他、Happy BagLucky Bagなどいろいろな呼び方がされています。

更新履歴
ネット予約できる福袋を探す