福袋予約通販ナビ2018

2017年 UNGRID(アングリッド)の福袋予約・通販案内

UNGRID(アングリッド)の2017年福袋は11月30日12:00からネット予約の受付がはじまります。今年はブラックのチェスターコートを含む5点、約51,450円のアイテムが入って16,200円です。洋服はブラックツイルの大きめバッグに入ってきます。

コートの画像は公開されています。

UNGRID2017年福袋
UNGRID 2017年福袋

また下記リンクよりモデルさんがコートを着用したコーディネート例もご覧になれます。

UNGRIDの初売りで販売される数は少なめなのでご注意ください。例えば梅田エスト店の2016年福袋は60個の販売でした。そのため購入予定がある方はネット予約が安心です。

UNGRID 福袋の中身

Twitterやinstagramにアップされた2015年までのUNGRIDの福袋の画像を集めました。2016年の福袋を予約するときの参考にしてください。

twitter コメント

UNGRIDについて

UNGRID(アングリッド)は、「A New Class Casual」をコンセプトに、女性として生まれてきたことを最大限楽しめる新しい品格のあるカジュアルファッションを提案してくれるブランドです。

UNGRIDのアイテムは1点1点素材にこだわったぬくもりのあるデザインが特徴です。ヴィンテージ感のある生地を用い、現代風のシルエットで整えたお洋服は「ありそうでない」ものばかり。たとえばスエードとレザーを組み合わせたニーハイブーツ、たとえばメンズっぽいオーバーサイズのチェスターコート、ウール地のベストといった具合に、カジュアルに大胆に色んなテイストをMIXして、エッジというほど際立っていない、けれどベーシックというほど月並みでもない、独特な世界観をどのアイテムも持っています。

上質で、素朴さの中に洗練が潜む、UNGRIDらしいカジュアルスタイル。一度手にとったらやみつきになること間違いなしです。

過去の福袋情報

2015年

ご存知の方も多いと思いますが、UNGRID(アングリッド)の2015年福袋は一部で中身がひどいと批判されました。具体的には事前の告知と異なるものが入っていた、汚れた商品が入っていたなどです。そのためUNGLIDの運営会社では福袋の内容に不満の場合には返品・返金を受け付けるという対応をしました。

一方で同じ年の福袋でも中身に満足している人もいたので、当たり外れが大きかったのでしょうか…。UNGRIDはdazzlinやEMODAと同じ会社のブランドで、他のブランドでは福袋の評判は良かっただけに残念です。

運営企業

企業名 MARK STYLER株式会社
本社所在地 東京都渋谷区広尾5丁目8番14号
展開ブランド MERCURYDUOdazzlinLAGUNAMOONMURUAEMODAjouetie・GYDA・Ungrid・The Dayz tokyo・RESEXXYmerry jenny・PAMEO POSE・FLOVE・EVRIS・EATME・UN3D.・ELENDEEK